Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -
    << 天国はまだ遠く  [瀬尾 まいこ] | 鏡の国の戦士 (グイン・サーガ外伝 21)  [栗本 薫 ] >>

    太陽の塔  [森見 登美彦]

    評価:
    森見 登美彦
    新潮社
    ¥ 420
    (2006-05)
    「ファンタジー大賞」だったとは、驚き。
    ファンタジーとはなにか
    味わい深い青春小説
    内容(「BOOK」データベースより)
    私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
    0
      活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM




         

         

        TRACKBACK

        Trackback url: