Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -
    << 紳士のためのエステ入門 [天野 頌子] | まいなす [太田 忠司] >>

    カレーライフ [竹内 真]

    評価:
    竹内 真
    集英社
    ¥ 1,200
    (2005-01)
    コメント:素晴らしくすっきり完結!読み終わってすぐは、カレー食べたい!!って思うんだけど、日に日にカレーよりもラフテーが食べたくて仕方がないのはなぜでしょう?
    都合良すぎ
    カレーは辛い、されど甘い。
    意味のない長さ

    内容(「BOOK」データベースより)
    人は死ぬものなのだと知ったのは、カレーライスを食べた後だった。その死が僕とカレーを結びつけ、もう一つの死が僕の背中を押した。長く奇妙なその旅に、僕の平穏な生活は丸ごとのみ込まれていった。それでも僕は、カレーライスが大好きだ。カレーライスを作る時、無闇やたらと幸せな気分になることがある。僕らみんなが、何か大きなものに包まれているような気がするのだ。史上初、大盛カレー小説!富士・米国・印度・琉球を縦横無尽、ボリューム満点1300枚。
     
    0
      活字中毒 2010 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(1)

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM




         

         

        TRACKBACK

        粋な提案  at 2011/01/25 3:00 AM
        「カレーライフ」竹内真
        記憶の中の祖父のカレー、幼い日の約束を巡って、僕は旅立つことに…小説すばる新人賞受賞第1作、書き下ろし青春ロードノベル!。人は死ぬものなのだと知ったのは、カレーライスを食べた後だった。その死が僕...
        Trackback url: