Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -
    << 新しいケータイで写真を撮ってみる | 小松菜と茄子とトマトと豆腐のサラダ >>

    ルピナス探偵団の当惑 [津原 泰水]

    評価:
    津原 泰水
    東京創元社
    ¥ 756
    (2007-06)
    二十世紀の黄昏だった「あの頃」
    やすみも泰水も良い
    入っていけない
    内容(「BOOK」データベースより)
    「そうだ、検視の結果なんだけど」と姉(警察官)は言い、「いい。聞きたくない。いま食べてるし」と私(女高生)はかえすのだが、「じゃあ聞かないで。勝手に喋るから」そうして事件に巻き込まれ(押しつけられ)てゆく私たち。どうして殺人を犯した直後に被害者の残したピザなんかを食べていったのだろうか、どうして血文字のダイイング・メッセージ(らしい)はわざわざ鏡文字になっていたのか、そしてどうして死体から腕だけを無理して盗んだのか―。才人津原泰水が本格ミステリーの粋を凝らした傑作。




    0
      活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM




         

         

        TRACKBACK

        Trackback url: