Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -
    << ラッシュライフ [伊坂 幸太郎] | 狸穴あいあい坂 [諸田 玲子] >>

    アヒルと鴨のコインロッカー [伊坂 幸太郎]

    評価:
    伊坂 幸太郎
    東京創元社
    ¥ 680
    (2006-12-21)
    若い感性にこそ訴えかけるもの
    軽妙な仕上げ
    真相は好きですが、登場人物に魅力を感じませんでした
    内容(「BOOK」データベースより)
    引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。





    0
      活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        - | - | -

        COMMENTS

        COMMENT FORM




         

         

        TRACKBACK

        Trackback url: