Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -

    太陽の庭 [宮木 あや子]

    評価:
    宮木 あや子
    集英社
    ¥ 1,365
    (2009-11-26)

    内容(「BOOK」データベースより)
    一般人にはその存在を決して知られることなく、政財界からは「神」と崇め奉られている、永代院。屋敷内では、跡目と寵愛を巡る争いが絶えず、子供たちは常に死と隣り合わせの生を生きている。愛と自由を知らない「神の子供たち」が「最後の日」に見るのは、神の祝福か、それとも警鐘か―。『花宵道中』の宮木あや子が描く、現代の“宮中小説”。
     
    0
      活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      姫の竹、月の草―吉井堂謎解き暦 [浮穴 みみ]

      内容(「BOOK」データベースより)
      時は天保の世、浪人の手習い師匠・吉井数馬は幕府天文方と朝廷の暦合戦に巻き込まれる―数馬の運命は、そして妹・奈緒の秘めた思いとは?注目の小説推理新人賞受賞作を収録!情感溢れる江戸ミステリー連作短編集。
       
      0
        活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

        雨の塔 [宮木 あや子]

        評価:
        宮木 あや子
        集英社
        ¥ 1,260
        (2007-11-26)

        内容(「BOOK」データベースより)
        資産家の娘だけが入学できるこの学校では、衣服も食べ物も思いのまま。だが自由と情報は与えられず、少女たちは閉ざされた世界で、家のための“駒”として使われる日を待つばかり。そんな彼女たちの間にいつしか芽生えたのは、愛情、関心、嫉妬、執着。そして一通の手紙が四人の運命を変える―。
         
        0
          活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

          ウーロンと仮面舞踏会の夜(お茶と探偵10) [ローラ・チャイルズ]

          内容(「BOOK」データベースより)
          馬術競技会の最中、落馬したセオドシアが目にしたのは女性の死体だった。しかも顔見知りの。殺されたのは、別れた恋人のいとこで、ニュースキャスターのアビー。彼女とは、つい数ヵ月前に口論したばかりだから、わたしも容疑者?セオドシアは疑いをはらそうと、アビーの周辺を探ることにする。町はセレブな仮面舞踏会の準備で浮き足立っているし、葬儀に帰ってきた元カレの存在も気になるけれど…。おいしい食べ物と紅茶がいっぱいの、シリーズ第10弾。
           
          0
            活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

            妖女のねむり [泡坂 妻夫]

            内容(「BOOK」データベースより)
            わたしたちは結ばれることなく死んでいった恋人たちの生まれかわりよ。十五世紀のフィレンツェで巡りあったジュリアーノとシモネッタは悲恋に終わり、西原牧湖だった二十二年前のわたしは、平吹貢一郎だったあなたを殺してしまったの。今度こそ幸せになりましょう…。初対面のはずが深いところで響き合う真一と麻芸。前世をたどる二人が解き明かしていく秘められた事実とは。
             
            0
              活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

              喜嶋先生の静かな世界 [森 博嗣]

              内容(「BOOK」データベースより)
              学問の深遠さ、研究の純粋さ、大学の意義を語る自伝的小説。
               
              0
                活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                夏目家順路 [朝倉 かすみ]

                評価:
                朝倉 かすみ
                文藝春秋
                ¥ 1,575
                (2010-10)

                内容(「BOOK」データベースより)
                夏目清茂七十四歳、本日脳梗塞のためめでたく昇天いたしました。「どこにでもいるただひとり」の男の一生を、一代記とは異なる形で描いた傑作長編小説。
                 
                0
                  活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                  からまる [千早 茜]

                  評価:
                  千早 茜
                  角川書店(角川グループパブリッシング)
                  ¥ 1,575
                  (2011-02-26)
                  コメント:しみじみよかった。

                  内容(「BOOK」データベースより)
                  もがき迷いながら“いま”を生きる7人の男女たちが一筋の光を求めて歩き出す―。視点が切り替わるごとに、それぞれが抱える苦悩や喜び悲しみが深まってくる。からまりあう男女を描いた、7つの連作集。
                  0
                    活字中毒 2011 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)