Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -

    頻発発作にビクビク

    深夜2時頃にメイプルの発作。
    最近は、発作があると次は1週間くらいは無いので、ちょっとの間は安心できるのですが、今回は久々に頻発。
    朝になって、10時、11時と2度発作。
    さらに頻発するんじゃないかとビクビクしながら様子をみていました。

    発作が起こりそうなときは、メイプルもちょっと不安そうな感じで様子がいつもと違うように感じます。
    今回は、発作前に部屋の隅のほうでうずくまっていました。
    結果論ですが。。。

    夜、なぜか私が脱いだ靴下に顔をうずめて
    寝ているメイプル。^^;


    この後、この靴下を枕に丸まって爆睡です。

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫
    0
      メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

      メイプル負傷療養中

      しばらく発作もなく、穏やかに過ごしていたメイプルですが、先日久しぶりにあった発作の際、後ろ両足の爪をはがしてしまいました。
      今までにも何度か爪をはがしてしまったことはありますが、すぐに回復し新しい爪が生えてきていたのですが、今回はかなりひどかったのと、お天気がジメジメしていたせいか膿んでしまうため、療養室(専用ゲージ)で療養中。

      狭いところに閉じこめられてかわいそうですが、傷がひどくなってしまっては大変なので仕方がありません。

      今日は、久しぶりにお日様が出たので、旦那さんにより強制日向ぼっこさせられている写真が届きました。
      お日様に足を向け、窓の外を眺めて満足そうに見えます。
      すこしは気晴らしになったかな?
      201003101259000.jpg

      JUGEMテーマ:ネコ写真・動画
      0
        メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

        トイレがつかえない



        その後、体力はだいぶ戻ってきた様子。
        ご飯もどか食いすることなく、食べたい分だけ食べられるようになりました。
        ただひとつできないのがトイレ。

        以前のように猫砂の入ったトイレを使うことができず、さんざんウロウロした結果、その辺で用を足しちゃう。

        そのため、見ていられるときはゲージから出して自由にさせてあげられるのですが、夜や外出時はペットシーツをひいたゲージに入ってもらいます。

        そろそろしたいんじゃないかと思うと、猫トイレに誘導したり、砂をかき回したり匂い嗅がせたりしているのだけど、全然ダメ。

        今朝などは、ゲージ内の猫トイレの横に寝そべっていて、目の前に自分のウンチが。。。
        その向こうにはもっと広々とした場所が空いているのに。。。

        食べるものは認識できるようになってきたのに、自分の排泄物は認識できないのかしら?

        JUGEMテーマ:病気と闘う猫


        0
          メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

          ようやく回復の兆し

          ようやくメイプルの様子が落ち着いてきました。
          お砂は使えませんが、ちゃんとおしっこもうんちもするようになってきましたし、ご飯も食べています。
          凶暴化もおさまってきました。

          メイプルが落ち着いてきたら、わたしのほうがダウン。
          昨晩、原因不明の激しい頭痛。
          ご飯の支度もできず、旦那さんが用意してくれたそうめんを食べるのも苦しい。
          一口、二口食べたところで吐き気が。。。
          そのまま寝込んでしまいました。

          朝になっても、立ち上がると頭痛がするので仕方なくお仕事はお休み。
          夜になっても相変わらず、立ったり座ったりすると頭が痛みます。

          スノウもすっかり不機嫌。
          メイプルがウロウロしてスノウと鉢合わせると真正面から動こうとしないので、イライラ。
          メイプルは動くものを追いかけたくてしょうがないので、スノウの後をノタノタとついて回るので、スノウはまたイライラ。
          スノウがかわいそうなので、メイプルはゲージに入れるのですが、メイプルがいるリビングにはご飯を食べるときとお水を飲むとき以外、来ようとしません。
          ずっと寝室で不貞寝しています。

          早く良くなってもらわないと、仲良く喧嘩もできないものね。

          JUGEMテーマ:病気と闘う猫


          0
            メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

            今までにない症状

            ずっとぐったりと寝ていたメイプルですが、ようやくふらつきながらも起き上がったり、歩いたりするようになりました。
            しばらく血尿が続いたため、貧血が心配され、点滴に止血剤、強肝剤を入れて投与するなど対応をしてもらっていたら、血が混じる量がだいぶ減ってきました。

            しかし、これまでにない行動をとるようになり心配。

            ○呼びかけても反応がない
             名前を呼んでも反応しません。
             声をかけてもこちらを見ません。

            ○頭から上が見えていない
             上から声をかけても上をみようとしません。
             下だけ見て歩きまわります。

            ○動くものに攻撃する
             そばを歩いたりすると足に爪をたて、噛み付こうとします。
             お皿に入ったご飯を差し出しても、ご飯よりもお皿をすごい力で噛みます。

            想定されるのは、ジアゼパム(鎮静・睡眠)を大量に投与したことでしょうか。
            今までも発作が頻発した時に投与したことがあったのですが、メイプルには、なかなか効き目があらわれないこともあって、あまり良い印象がなかった薬です。
            今回、座薬や注射でぐったりするまで6時間おきに何度も投与しました。

            ジアゼパムの奇異反応(本来の作用と反対の効果)に、「易興奮性、筋痙攣、そして(極端なケースでは)憤激や暴力が見られる」とあります。

            調べてみて「ああ、やっぱり」という感想。
            発作時に投与した際に、鎮静なのに逆に興奮してるんじゃないか?と感じたこともありましたし。
            やはり、今後はジアゼパムは投与したくないですね。

            それよりも今は薬の効果が切れたら、元のメイプルに戻ってくれるかどうかが心配です。

            JUGEMテーマ:病気と闘う猫
            0
              メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

              メイプルの発作が止まらない!

              6月4日にしっぽを怪我した発作の後、6日、8日と1日1回の発作。
              9日に顔面痙攣とよだれのみの発作が8回、バタバタと全身痙攣の強い発作が5回ありました。
              ここ最近では、かなり頻発しているなと思っていたら、深夜をまわって日付が10日になってから朝方8時30分までのあいだに、顔面痙攣が7回、全身痙攣12回。
              だんだん発作と発作の間隔が短くなっていって、8時30分の時点で顔面痙攣が止まらなくなりました。
              耳が熱くなり、瞳孔が開いた状態。

              わたしが仕事に出かけたあとのことだったので、旦那さんが慌てて急患扱いで病院に駆け込み、夜まで入院。
              点滴をしてもらい、鎮静剤を6時間おきに投与するも痙攣が止まりませんでした。
              とにかく眠ってくれ〜!と祈るも鎮静剤は期待の効果があらわれない状態。
              力尽きたのか下半身だけは力が入らなくなり、起き上がってウロウロはしないけれど、頭を持ち上げて首を振り、息も荒くウーウーうなっていました。

              夜になって、先生方と相談し連れて帰って様子を見ることに。
              家でも続けて6時間おきに座薬のジアゼパム(鎮静剤)を投与。
              毎日飲んでいるフェノバルビタールも投与。
              ご飯もお水もとれず、声をかけてもこちらを認識できていない様子。
              ずっと病院で点滴をしていたのに、おしっこもしません。
              鎮静効果もあらわれず、常にウーウーいいながら周期的に足をバタバタさせていて、ちっとも休まらない様子。

              朝になっても状況は変わらず、後ろ髪を引かれながらもわたしは仕事に。
              病院はお休みでしたが、先生が見てくださるということで、旦那さんが病院に連れてきました。
              そのころになって、ようやくこれまで投与し続けてきた鎮静剤が効いてきたのか、ぐったりとしたそうです。
              ずっと出なかったおしっこも出たのですが、血尿だったらしい。
              20時間くらいおしっこを溜めていたので仕方なしでしょうか。。。
              とにかく発作(痙攣)が治まってくれないと、体力も回復できないし口から栄養をとることもできないのです。
              病院では、点滴を静脈から投与してもらいました。

              19時くらいにラクトリンゲル液にビタミン剤と栄養剤(?)を点滴で皮下投与。(これは自宅で自分たちでします)
              今もぐったりして横たわっているだけなのですが、ゆっくり横たわってくれているのを見るとホッとします。



              JUGEMテーマ:病気と闘う猫
              0
                メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

                メイプル負傷

                4日の朝、おおきめの発作がありました。
                夜、仕事から帰って寝る前にメイプルを抱っこしたら、尋常じゃない声で鳴くんでびっくり!

                あちこち触ってみていると、どうもお尻からしっぽにかけて触ると嫌がる様子。
                普通に歩いているし、尻尾も動かしているので骨折などではないとは思ったのですが、よく観察してみるとしっぽが背中より上に持ち上がらないみたい。

                翌日、旦那さんが病院に連れて行って、レントゲンを撮ってもらったら、こんなになってました。



                先生に言わせれば、たいしたことはないということですが、尻尾の骨がずれています。

                発作があったときに棚の上から落ちて負傷したようです。
                普通の時ならちゃんと足から着地できるのですが、発作中だったのでお尻から落ちてしまったのでしょう。

                治療は必要なく、3ヶ月もすると元に戻ってしまうそうです。
                実際、前日はあれほど痛がっていたのに、翌日には触っても声は出さなくなりました。

                3日間は、痛み止めのお薬を飲んで、あとはそのまま治るのを待つことに。


                JUGEMテーマ:病気と闘う猫
                0
                  メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)

                  三が日はドタバタ

                  2日の明け方3時頃、メイプルの発作がはじまりました。
                  いつもは1度あったら、最短でも1日は来ないのに、この日は1時間に1度の間隔で発作が立て続けに起こりました。
                  一番悪いときでもこんなことは無かったので、薬をいつもの倍投与するもまったく状況は変わらず。

                  3が日は病院もお休みのため、かかりつけの獣医の先生宅に電話し、指示を仰いでメイプルの体重から割り出した薬の投与量MAXまで薬を与えることに。

                  薬投与後、さらに1度発作が起こりましたが、その後は発作が治まったようです。
                  ほぼ丸1日、1時間おきの発作。
                  さぞかし辛かったことでしょう。

                  発作は治まりましたが、この薬の投与量はフラフラになって起き上がることもできなくなります。
                  発作が治まってから、さらに丸1日動けずにぐったりと寝ていました。

                  それでも目の前に水やご飯、ヨーグルトを置いてやると、首だけ起こして一生懸命飲んだり食べたりします。
                  1日経って、自分で歩けるようになるとヨタヨタとトイレまで歩いていって、自分でトイレを使おうとしました。
                  フラフラでいつものように縁には乗れないのに、いつも通りにトイレを使おうとするので、一緒についていって体を支えてやること2度ほど。

                  4日には、よたつきながらも動き回れるようになりました。
                  本当に良かったっ!

                  人間だったら、きっと途中で心が折れてしまうだろうなぁ。
                  本当に強い子だ。。。

                  JUGEMテーマ:病気と闘う猫


                  0
                    メイプル闘病記 | comments(0) | trackbacks(0)