Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -

    レオンと魔法の人形遣い(上・下) [アレン・カーズワイル]


    評価:
    アレン・カーズワイル
    東京創元社
    ¥ 1,785
    (2006-01-31)

    評価:
    アレン・カーズワイル
    東京創元社
    ¥ 1,785
    (2006-01-31)
    内容(「BOOK」データベースより)[上]舞台はニューヨークのマンハッタン。動物園めいた1つ星のホテルに住む小学4年生のレオンは、課題のぬいぐるみが上手に縫えず、留年の大ピンチに陥っていた。だが“氷の女王”の睡眠妨害を克服したことで―。ヤングアダルト向け3部作、ここに開幕。
    [下]レオンたち3人組は力を合わせ、闇に消えるアニマイルの行方を大追跡しはじめた。人間カタパルト計画が進む一方で、食堂では食べ物合戦が勃発、いじめっことドッジボールで対決し、中世風の槍試合も始まり―。個性きらめきユーモアあふれる大傑作。



    0
      活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      寒椿ゆれる [近藤 史恵]


      評価:
      近藤史恵
      光文社
      ¥ 1,680
      (2008-11-21)
      内容(「BOOK」データベースより)
      堅物の同心・玉島千蔭。美貌の花魁・梅が枝。若手人気女形・水木巴之丞。そして、千蔭の見合い相手のおろく。巻き起こる難事件の先に仄見える、秘められた想いとは?江戸の風物を効果的にあしらい、市井の息づかいを丁寧に描き上げた傑作シリーズ、待望の最新刊!情感豊かな時代ミステリーの傑作。

      ほおずき地獄 猿若町捕物帳」「にわか大根 猿若町捕物帳」に続く猿若町捕物帳シリーズの最新刊です。



      0
        活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

        アイスクリン強し [畠中 恵]


        評価:
        畠中 恵
        講談社
        ¥ 1,575
        (2008-10-21)
        面白いと思うが
        明治半ばの築地居留区を舞台に、旧幕臣達が繰り広げる洋菓子活劇
        時代物はやっぱり苦手
        内容(「BOOK」データベースより)
        ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト。南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。そこには今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と…。著者の魅力全開!明治の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる「スイーツ文明開化」騒動記。




        0
          活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

          きのうの世界 [恩田 陸]


          評価:
          恩田 陸
          講談社
          ¥ 1,785
          (2008-09-04)
          いつも通り。
          じわじわを愉しむ
          書き出しと中盤は魅力的だが・・・
          内容(「BOOK」データベースより)
          塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか?誰も予想できない結末が待っている!!恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。

          なんかすごく不思議な話でした。
          結末で感じたのは「えっ?これってファンタジーなの?」でした。



          0
            活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

            カフェ・コッペリア [菅 浩江]


            評価:
            菅 浩江
            早川書房
            ¥ 1,785
            (2008-11)
            内容(「BOOK」データベースより)
            人間とAIの混合スタッフが、おいしい珈琲とともに恋愛相談に乗ってくれるカフェ・コッペリア。客のひとりが恋してしまったのは果たしてAIだったのか?―理想の恋に惑う若者たちを描いた表題作、アロマペットを手に入れたOLのせつない日常「リラランラビラン」、最先端美容室のヘアケア技術が招いた意外な顛末「エクステ効果」ほか、すこし未来のささやかで切実な人間模様をつづる七篇。『永遠の森 博物館惑星』『五人姉妹』につづく最新作品集。

            永遠の森 博物館惑星』に比べるといまいち。
            永遠の森が良すぎたなぁ。



            0
              活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

              夜の光 [坂木 司]


              評価:
              坂木 司
              新潮社
              ¥ 1,680
              (2008-10)
              低温なストーリーと温かな絆
              孤独のなか、闘いは続くが……
              静かな余韻が心地よい
              出版社 / 著者からの内容紹介
              慰めはいらない。癒されなくていい。本当の仲間が、ほんの少しだけいればいい。

              本当の自分はここにはいない。高校での私たちは、常に仮面を被って過ごしている。家族、恋愛、将来……。問題はそれぞれ違うが、みな強敵を相手に苦戦を余儀なくされている。そんな私たちが唯一寛げる場所がこの天文部。ここには、暖かくはないが、確かに共振し合える仲間がいる。そしてそれは、本当に得難いことなのだ。

              この人の作品は、いつも静かで温かい。



              0
                活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                タイムスリップ戦国時代 [鯨 統一郎]


                評価:
                鯨 統一郎
                講談社
                ¥ 840
                (2008-11-07)
                このシリーズは痛い
                内容(「BOOK」データベースより)ある日突然、あの『太閤記』が伊達政宗の伝記小説に変化した!何者かが戦国時代の史実を変え、正史を歪めている!?背後にいたのは25世紀のマフィア組織“むらさきの光”。本来の歴史を生きる人類を淘汰し新世界を創るため、彼らは策謀する。日本、否、世界の危機を救うべく、歴史を再び正すため、女子高生麓麗がまたもタイムスリップして戦国の世に挑む。



                0
                  活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                  ジャスミン・ティーは幽霊と [ローラ・チャイルズ]

                  内容(「BOOK」データベースより)
                  たなびく霧に、不気味に明滅する青白い光。墓石の後ろからは、南北戦争の英霊たちが忍び寄り―というのが、今夜催される“ゴースト・ウォーク”。地元医師会が企画した慈善イベントだ。ティーショップの面々も、墓地でお茶を出したり、幽霊に扮したりと大忙し。そう。幽霊はみんな素人役者―のはずだったのに、幽霊役が本物の幽霊になってしまい…!?思わずジャスミン・ティーが飲みたくなる、人気シリーズ第5弾。



                  0
                    活字中毒 2008 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)