Happy*come*come

猫と読書で過ごす日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | - | -

    歌の翼に―ピアノ教室は謎だらけ [菅 浩江]

    評価:
    菅 浩江
    祥伝社
    ¥ 900
    (2003-05)
    癒されます
    きれいです
    JUGEMテーマ:読書

    内容(「BOOK」データベースより)
    「私、変な男の人を、見たの!」楽器店二階の音楽教室で、生徒の小学生ユイカが泣き出した。商店街周辺に変質者が出没していた矢先の事件―だが、少女と弟の証言が微妙にズレて…(第一話「バイエルとソナチネ」)。ピアノ教師杉原亮子が解きほぐす生徒たちの心の襞と綾。そして音楽大学を首席で卒業しながら、人前で演奏できなくなってしまった亮子自身の過去の秘密。些細な事件や奇妙な悩みを、亮子先生が穏和な推理で鮮やかに解決する癒しのミステリー連作。


    0
      活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

      探偵伯爵と僕 [森 博嗣]

      評価:
      森 博嗣
      講談社
      ¥ 2,100
      (2004-04-28)
      児童向けミステリと思って油断した
      素直に楽しめます
      懐かしく感じる探偵小説かな。
      JUGEMテーマ:読書

      内容(「BOOK」データベースより)
      夏休み直前、新太は公園で出会った、夏というのに黒いスーツ姿の探偵伯爵と友達になった。奇矯な言動をとるアールと名のる探偵に新太は興味津々だ。そんな新太の親友ハリィが夏祭りの夜に、その数日後には、さらに新太の親友ガマが行方不明に。彼らは新太とともに秘密基地を作った仲間だった。二つの事件に共通するのは残されたトランプ。そしてついに新太に忍びよる犯人の影。
      0
        活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

        パンドラ'S ボックス [北森 鴻]

        評価:
        北森 鴻
        光文社
        ¥ 560
        (2007-10-11)
        北森鴻の初期短編集 人柄のしのばれるライナーノーツつき
        JUGEMテーマ:読書

        内容(「BOOK」データベースより)
        画壇の寵児が突然の自殺を遂げた!その死に秘められた謎とは?(「仮面の遺書」)。警察に届けられた殺人者からの告白文。その衝撃の内容から、日本の古代史の謎にメスが!?(「踊る警官」)。大胆な着想と、鮮やかな謎解き!読者に息つく暇さえ与えぬ、卓抜なストーリー展開!短編の名手が放つ、デビュー作から今日までの珠玉の短編七本を収載!さらに、各々の短編に合わせ、作家の肉声をユーモアと哀感をこめて書き下ろしたエッセイを掲載!フィクションとノン・フィクションが絶妙に融合したクロス・オーバー・ノベルス、ここに誕生。
        0
          活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

          ベーコン [井上 荒野]

          評価:
          井上 荒野
          集英社
          ¥ 1,470
          (2007-10)
          JUGEMテーマ:読書

          内容紹介
          ささいで、そして艶めかしい、日常の営み。
          人の気持ちが動くとき、人生が少しだけ変わるとき、傍らにある料理と、それを食べる人々の心の機微を描いた珠玉の短編集。食べるという日常の営みが垣間見せる、エロティックで色濃い生の姿。
          0
            活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

            異譚・千早振る [鯨統一郎]

            評価:
            鯨統一郎
            実業之日本社
            ¥ 1,785
            (2007-11-20)
            面白い
            JUGEMテーマ:読書

            内容紹介
            粗忽長屋の熊さん八つぁんをはじめ、一本抜けたところがある面々が、知らず知らずのうちに、江戸幕府転覆のカギを握っていた!? 軽妙でユーモラスな筆致で、おなじみの古典落語の名作から長屋噺をひとひねりふたひねりしたユーモア時代ミステリーの傑作。湯屋番、長屋の花見、道具屋、まんじゅう怖い、時そば、目黒のさんまなど八編。

            元の落語を知ってればもっと楽しめそう。
            「まんじゅうこわい」「粗忽長屋」くらいしかまともに知らないんですよね。
            「時そば」や「目黒のさんま」はなんとなくしか知らないし。
            0
              活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

              ホルモー六景 [万城目 学]

              評価:
              万城目 学
              角川書店
              ¥ 1,365
              (2007-11)
              お見事!
              おもしろかったです
              ホルモーをしていない日の表情
              JUGEMテーマ:読書

              内容紹介
              大ヒット不思議青春グラフィティ、今度のテーマは「恋」だ!!
              不可視の「オニ」を使役し、各大学の覇権をかけて争う、それが「ホルモー」だ!! この奇妙な部活動に巻き込まれた少年少女の戦いと恋を描く、無類に楽しい青春文学!!

              「鴨川ホルモー」の続編というか番外編。
              必ず本編を読んでからお読みくださいね。
              いやー、おもしろい。
              0
                活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                いつか、ふたりは二匹 [西澤 保彦]

                評価:
                西澤 保彦
                講談社
                ¥ 2,100
                (2004-04-28)
                現実的背景のファンタジー
                またやってくれました!
                西澤氏最高です
                JUGEMテーマ:読書

                内容(「BOOK」データベースより)
                菅野智己は母が再婚した四年生の頃、突続、眠りに就くことで猫の身体に乗り移れるという不思議な能力を持った。身体を借りている猫にジェニイという名前をつけ、巨大なセントバーナード犬のピーターと友達になった智己が六年生のとき、クラスメイトを含め三人の女子児童が襲撃されるという事件が発生し、一人が重態に。昨年秋に、同じく町内で起きた女子児童誘拐未遂事件の犯人と同一人物の仕業のようだ。被害者の共通点は、智己の義理の姉久美子さんが家庭教師だということ!智己はジェニイになって、ピーターとともに事件を調べることにした。

                0
                  活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)

                  カーの復讐 [二階堂 黎人]

                  評価:
                  喜国 雅彦,二階堂 黎人
                  講談社
                  ¥ 2,100
                  (2005-11)
                  何となくなつかしい
                  蘇ったルパン
                  JUGEMテーマ:読書

                  内容(「BOOK」データベースより)
                  古代エジプトの秘宝「ホルスの眼」という名のメダリオン。この素晴らしさに心魅かれる男がいた。その名は怪盗アルセーヌ・ルパン。彼はそのお宝を頂戴するために、発掘者ボーバン博士に近づくが、博士の居城「エイグル城」で、ルパンを待ち受けていたのは奇妙な連続殺人事件だった。暗号文を手に死んだ老婆、財宝を荒らしたボーバン家への、生霊「カー」の復讐を口にする謎のエジプト人、城に出没するミイラ男、完全なる密室に置かれた脅迫状、そしてあらたに発生した連続殺人…。数々の事件を解決したルパンの頭脳をもってしても説明不可能な事件が続発し、人々を恐怖へおとしいれていく。果たしてこの前代未聞の難事件の犯人は誰なのか?ルパンはプライドをかけて事件に挑む。

                  0
                    活字中毒 2007 〜Books〜 | comments(0) | trackbacks(0)